ここでは、本サイトを運営するHCM Next Connectが利用しているサーバーの中から、もっとも頻繁に利用しているレンタルサーバーとレンタルサーバー選びのご相談やホームページ制作のご依頼を頂いた際にお勧めしているレンタルサーバーを目的別にご紹介しています。

また、レンタルサーバー選びの無料相談は、公式サイトより受け付けております。下記バナーよりご相談ください。

tel@450

ranking1@216

WordPressサイトと拡張性を望むなら

弊社公式サイトも運営しているエックスサーバーは、総合的なバランスから利用頻度No1のレンタルサーバーです。実際の公式サイトはWordPressの高速表示を視野に入れる前に設計された作りになっていますので、エックスサーバーを使っただけでは、表示速度を改善させることができない至要になってしまっていますので、CloudFlareなどの利用もしていますが、未だに遅いというのが現状です(汗)。

ワードプレスのお役立ちプラグインである「JerPack」との相性も今ひとつですので、癖がないとは言い切れないのですが、もっともログイン頻度の高いWEBサイトをエックスサーバーで運営していますので、プラグインの自動更新(Jetpakの機能)が使えなかったとしても、手動更新で今のところ特に問題ありません。

もともとは、同社が運営する「xpW」というWordPress高速化専用サーバーをレンタルしようとしていたのですが、当時使用していたWordPressのテーマとサーバーの相性が悪く、正しくホームページが表示できなかったので、最終的にエックスサーバーに決め今でも快適に運営できています。

WordPress高速化を視野に入れたレンタルサーバー選びでしたら、下記のページをご覧ください。

法人向けおすすめNo2レンタルサーバー

2008年からズ〜っと使ってます

2003年頃まではWADAXというサーバーを使っていたのですが、当時は不具合も多く、オペレーターさんの質も悪かったので、揉めに揉めたあげくドメインと一括管理できるお名前.com レンタルサーバーに乗り換えました。今やこのWADAXもGMO傘下に収まったので、今思えばしかるべき選択だったようにも思えます。

お名前ドットコムの共用サーバーは、レンタルサーバーが初めての方でも使い易く設計されていますので、あまり難しいことを考えなくても直に使い始められるレンタルサーバーです。しかし、管理画面やサーバーの操作性を高めるために犠牲になっているサーバー機能も少なくないというのが実情です。ですので、現在はほとんど放置状態にある広告サイトや検索エンジン最適化や上位表示対策のテストサイト運営のために利用しています。

数年前に、個人情報流出がありアカウントを2つ管理しなければならない状態になっていますが、それ以外は特に問題なく、WEBサイトの不正改ざん被害もなく順調にホームページ運営の各種テストを行えているサーバーです。ドメインとサーバーの管理や経費の一括管理をご希望されている方でしたら、ドメインの取得も管理費も業界最安値ですので、イチ押しのレンタルサーバーです。

キャンペーン開催頻度も高いので狙いめのサーバーではないでしょうか。

ranking3@154

落ちてもらっては絶対困るサイトはココ

ホームページが落ちるというのは、どんなサイトでも絶対に避けたいことなのですが、特に複数人がログインするようなサイトで何かあってもらっては非常に困ります。弊社は、いくつかのポータルサイトを運営しているのですが、その中でも特にサーバーやWordPressの扱いになれていない方などがログインするようなサイトは、NTTPCのレンタルサーバーで管理しています。

WordPressを設置していて、それぞれの専門家さん達が思い思いの時間にログインをして、それぞれのお仕事のシーンでこのホームページを使ってお仕事をされていますので、セキュリティには細心の注意を払ったサーバーを準備したいと考えていました。サーバーの全体管理は、弊社で行っていますが、サーバー機能の管理権限を管理ユーザー毎に制限できるのもこのレンタルサーバーの良いところです。

徐々に、サーバーの管理になれてくれば、より多くの機能を管理できる権限ユーザーに昇格させなどしながら、各スタッフのスキルアップにも役立ててています。

マルチドメイン対応の大容量サーバーですが、複数のWEBサイトを管理する場合は癖のあるサーバーですので、複数ドメインを1つのレンタルサーバーで、それぞれ個別に管理したいとお考えならCPIレンタルサーバーのレンタルサーバーがおすすめです。ドメイン毎に管理画面を準備してくれるマルチドメイン対応のサーバーは他にはありませんので、専門サイトなどを複数運営し、それぞれに担当者が決まっているようでしたら、CPIレンタルサーバーをご利用ください。

弊社の場合は、現状としてセキュリティ重視で複数人がログインするようなサイトは、それほど数が多くありませんので、NTTPCのWebARENAが、頻繁に利用しているレンタルサーバーとなります。