icon-ySEOを意識したマルチドメイン格安サーバー戦略

アフィリエイトや専門性の高いカテゴライズされたネットショップをいくつも運営しながらサポート用のホームページも運営するという戦略家なら、私が主に採用している収益用3、サポート用2の5ドメインをいくつかの格安サーバーで運営するという方法がおすすめです。

格安サーバーでマルチドメイン対応のサービスを上手に複数使いこなすコツは、IP分散を意識しすぎると過去スパム判定を受けてきたような質の低いホームページを作ってしまうはめになりますので、小規模でも収益やメールアドレスの取得、無料ダウンロードサービスの提供など、小さくても目的を持たせアクセスを望めるホームページを作成し、ロングテールキーワードからのアクセスの流入を望むホームページを1つと、別の格安サーバーで運営している収益サイトへのリンク供給用を運営するようにすることで、サーバーコストの抑制とサーバーダウンリスクの回避、IP分散の3つ同時に行うことができます。

間違った格安サーバーの使い方としては、サテライトばかりを格安サーバーで運営するとリンク供給元が全て同一IPになる上に、多くのアフィリエイターや質の低いSEO業者もこういった格安サーバーを使いスパム認定されるような質の低いサートを運営していることがありますので、芋づる式にあなたのサイトにまでスパムフラグを断たせてしまうリスクがあります。

格安サーバーにはリスクが付きまといますので、利用は全体の2割程度に抑え、本腰を入れるホームページはやはミドルスペックの共用サーバー(月額1000円前後から2000円まで)を上手に使い回すか、はじめてのレンタルサーバー選びでご紹介しているような盤石な戦略を採用されることをおススメ致します。

格安レンタルサーバーを使ったSEOの一例

下図は格安レンタルサーバーであり、且つマルチドメインが3ドメイン以上利用可能なサービスを3サービスレンタルし収益サイト3サイトA・B・Cをバックアップするための専門サイトや交流サイトA’、B’、C’との関係性を表したものです。可能であれば、HTML型、WordPress型、MT型などを混ぜたり、掲示板やブログ形式などを織り交ぜるのが理想ですが、各グループのテーマは関連付けることが重要です。

格安レンタルサーバーを使ったサイト戦略

この場合、格安レンタルサーバーでも5GB以上あれば主要となるABCで極端にデータ量の多いページなどを量産しない限り500ページくらいまでのホームページを運営可能です。また格安レンタルサーバーは共用サーバーですので月間10万アクセス以上集まるようなサイトに育てることができた場合は、VPSなどにお引っ越しを検討した方が良いでしょう。

もしくはロングテールキーワードからのアクセスを数多く拾える戦略が理想と言えます。

これらの戦略はアフィリエイトや小規模通販サイトなどに適しています。また取り扱い点数の多い企業でも商品カテゴリーや対象の顧客層を適切にセグメントした専門性の高い小規模ネットショップを運営することで、サーバーダウンリスクやテストマーケティング、メンテナンス分散するなどが可能となります。

法人向けレンタルサーバーとその戦略に関しては下記から参照ください。また、こちらは1つの中規模以上ホームページを運営することに集中しますのでメインのホームページ用となるレンタルサーバーのスペックは容量はもちろんセキュリティやスピード、場合によってはサポートなどを重視することとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。