レンタルサーバー選びとSEO(検索エンジン最適化)に関係はありますか?

このようなご質問を定期的に頂きます。検索エンジン最適化に関しては、この取り組みが『何かしらのキーワードで検索ランキング上位表示を果たすための施策』として解釈された時代が長いため、レンタルサーバーとSEOとの因果関係に疑問を感じる方も少ないようです。

もちろん、Googleは検索エンジンに最適化されたコンテンツと検索されたキーワードのマッチング度によって、その結果を返すような仕組みになっています。

しかし、「最適化」という言葉からも分かる通り、検索されるキーワードとコンテンツの関係が、検索エンジンが求める指針に最適化されているか否かが評価されているわけですから、これは加点方式(0点からの加算)ではなく減点方式(0点からの減点、もしくは満点からの減点)だと解釈した方が、余計な、裏技的なテクニックやまやかしに惑わされることなく、検索エンジン最適化の作業に従事できると考えています。

加点時代のSEOは存在した

冒頭で奇麗事を延べましたが、実は加点時代のSEOは存在しました。その時代をSEO業界では『リンク全盛時代』と呼んでいます。なぜ、リンクを受けることがSEOになり、検索ランキングで上位を獲得することができたのか。それは、イースト・プレス社出版の「Google誕生 —ガレージで生まれたサーチ・モンスター」を読めば深いレベルで理解できます。

この著書によれば、リンクは『引用もと』や『参考文献』との関係を表すものとし、『よりLINKが多い=より多く引用されているコンテンツ』『よりLINKが多いコンテンツ=より参考にされている文章』という判断がなされていたため、『リンク先=重要文献』と評価され検索ランキングのより上位に掲載するのが望ましいと考えられていたからに他なりません。

これは、研究論文などの巻末に掲載される【参考文献】に登場する文献ほど良著と判断できることからも納得ができます。しかし、この仕組みはあまりに単純過ぎ、また、検索ランキングへの評定をリンクに頼りすぎたばかりに「リンクファーム」や「リンクスパム」といった検索エンジンを欺く上位表示テクニックが生まれ蔓延しました。

その結果、上位に表示すべきコンテンツの要素に「人気度」が加わり、アクセス数や滞在時間が考慮されるようになり、ユーザビリティ(閲覧社への配慮)も加わって、コンテンツの表示速度やモバイル対応(クリックのし易さ)なども検索エンジン最適化の要素として加わるようになってきました。

時代別に見るSEOとレンタルサーバーの関係

リンク全盛時代のSEOとレンタルサーバーの関係を見れば、それは「IP分散」ということになります。

IPとは、ホームページが運営されているサーバーのIPを意味し、IPが分散されているということは、書籍で例えるなら異なる著者、異なる出版社からの書籍から引用されている、または、参考にされている書籍だと言い換えることができます。いわゆる『自作自演ではない』ということです。

もちろん、他の著者から引用されたり、参考にされるということは、その著者に影響を与えている文献であり人物であると評価するに値するでしょうが、果たして同一著者の出版物の中で引用されていたり、参考にされている内容というのは価値のないものなのでしょうか。

また、同一著書の中でも引用される「章」は、価値の低いことなのでしょうか…

これらのことは、一部レンタルサーバーと検索エンジン最適化の関係から若干脱線するので、別のコラムに譲りますが、「リンクはスパム」という考え方が蔓延してしまっている2012年以降、どうしても「無作為なリンクはスパム」であるが、必要なリンクはSEOの施策として取り入れるべきだという考えを否定することはできないと考えています(「必要なリンク」とは、ユーザーナビゲーション的観点やリンク評価の起源でもある「引用もと」「参照元」を表すリンク)

このように「必要なリンク」を見ていくと、同一IP内で起こるケースというのは、ホームページ内でのリンク。いわゆる「内部リンク」にあたります。これは言うまでもなくレンタルサーバーとの関係には当りません。

IPアドレスとは3桁4節の12桁(123.456.789.012)などで表示されるのですが、左からAクラス、Bクラス、Cクラス、Dクラスと呼ばれます。(レンタルサーバーと検索エンジン最適化の関係を表すために簡略化した解説を行っています。IPアドレスに関する詳しい解説はWikipediaを参考頂くか。こちらの書籍をご覧ください。「【全15巻合本版】角川インターネット講座<角川インターネット講座> (角川学芸出版全集)」)

なぜ、レンタルサーバーのIP分散がSEOに有効なのか

IPアドレスをかなり乱暴ですが大雑把に分解すると左1節目がネットワーク種、2節目をデータセンター、3節目がサーバー、4節目をサーバー内ディレクトリのように分けて考えることができます(正確な区分ではありません)。いわゆる「Cクラス分散」とは、3節目のサーバーを変えることになり、書籍に例えるのなら出版社が変わると言ったところでしょう。より多くの出版社から本を出している同一著者なら権威も影響力もありそうですよね。参考もと、参照もとも同一著者の著作物だったとしても、それは、書籍内の重複箇所を減らし読書を勧め易くするための引用だったり、各書籍の専門性を高めるために必要な「参考図書の紹介」という判断ができるでしょう。

検索エンジンは、その検索結果にWEBサイトを掲載するのではなく、その中の1ページを掲載します。WEBサイトは書籍と違い、無尽蔵にページを増やすことができますし、初めから最後まで全てのページを読まなければ、WEBサイト運営者が発する情報を理解できないという作りにはなっていないため、書籍ではページ数を気にするようなことでも、インターネットではその必要がありませんので、同一出版社の別書籍からの引用(4節目だけ異なるIPアドレスからのリンク)に関しては、評価が低くされると解釈できるわけです。

しかし、IP分散によるリンクの評価は、その他全ての検索エンジン評価要素が同じだった場合に影響を受けると言った程度に考えていた方が良いでしょう。なぜなら…

SEOの基本もマーケティングと同じ

あなたも、「良いものが売れるわけではない、よく売れているものが良いものと評価されるのだ」という言葉を聞いたことがあるでしょう。作り手がいくら良いものだと自画自賛したところで、買い手や使い手が「良いもの」と評価しなければ、社会(市場)としては認められないということです。

これを検索市場に当てはめてみると、IP分散を使ったリンク施策が、システムの進歩、開発が進んだ現代の検索エンジンに対して微力でしかないということが理解できることでしょう。

検索シーンを考えると「よく売れたもの」とは「より閲覧されたコンテンツ」と置き換えることができます。この「よく閲覧されている」というのには、特定の検索に用いられたキーワード別に細分化されて評価されることもあるでしょうし、ページ全体の閲覧数も評価の対象になると考えられるでしょう。

ページ全体の閲覧経路には、サイト内のリンクをたどって閲覧されるケースもありますし、外部サイト(第3者サイトとわず)からのアクセスも考えられます。第3者サイトにはFacebookを初めとするSNSが含まれますし、Facebookの「いいね!」や「シェア」というのは、市場の評価がそのまま反映されていますので、SNS経由のアクセスというのは、サイト内循環によるアクセスよりも高く評価されるのでは?と考えられることも理解できます。

また、外部サイト(特にSNS経由)の場合だと結果的にIP分散されたリンクとなっているわけです。こう考えれば、レンタルサーバーのIP分散を考えるよりもSNS活用を通じたアクセスアップを測る方に注力した方が、その他の評価要素も手にできそうですよね。

SEOを意識したレンタルサーバー選びとは

過去、リンク効果獲得のためにIP分散を行うと言った視点から、SEOとレンタルサーバー選びが語られてきました。しかし、インターネット・ユーザーへの影響力の強いSNSが普及している今、IP分散を目的としたSEO要素充足のためのレンタルサーバー選びは、その影響力を低くしていると考えています。

こういった時代のSEOを意識したレンタルサーバー選びは「ユーザビリティ向上を果たすためのレンタルサーバー選び」となるのではないかと、弊社では考えています。

WEBサイトの表示速度もユーザービリティ向上のためには欠かせない要素のひとつでしょう。せっかくSNSに掲載された紹介投稿に興味を持って頂き、WEBサイト内のコンテンツへアクセスを誘導できたとしても、表示が遅く離脱されたり、サイトが重すぎて遮断されてしまっては意味がありません。

また、GoogleのPageSpeed Insightsで指摘される「モバイル端末上でのリンク間の距離」も、あやまったタップによって意図しないページにアクセスしてしまい、瞬時に『戻る』をタップされていたのでは、その誤ってアクセスされたページの滞在時間が短いと判断され、リンク内容との関係が薄いと判断されてしまっても仕方なくなってしまいます。

SEOを意識したレンタルサーバー選びで必要なことは、回線の安定性とWebサイト構築の際の柔軟性だと考えています。

この柔軟性もWordPressを使ったWEBサイトの構築という条件で縛れば、その条件にあった柔軟性(プラグインの利用に関する柔軟性)を求めることになるでしょうし、プログラムを多用したホームページの構築を検討しているのなら、これらのプログラムが利用できるという柔軟性が必要ですし、安定した稼働を実現できる安定した回線やサーバー環境が必要になってきます。

その昔、SEOや検索上位表示対策というのは、一種特別なテクニックのように扱われてきました。しかし近代SEOをひも解けば、検索エンジン最適化とは、検索エンジンが各コンテンツに求めるガイドラインや最適化要素に対し適切なコンテンツを発信すること。そして第1に双方の顧客に当る「閲覧者」からの評価を得るために取り組む全ての施策と言えるのではないでしょうか。

そのため、本サイトでは各目的に応じたレンタルサーバー選びをランキング形式でご紹介しています。

icon-play@20 WordPress高速表示を目的としたレンタルサーバー比較

icon-play@20 法人向けレンタルサーバー Best3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。